光の時代スタート――自由にビジョンを描く牡羊座の新月

さあ、やってきました。今日は牡羊座の新月です。

いよいよ、とうとう、ついに! 新生地球のスタートって感じ。

今日の新月のエネルギーはすごいです。

とてもピュアで、まっすぐな子供のよう。

無色透明で硬くてキラキラなダイヤモンドやクオーツみたいな輝きと強さがあります。

12星座のトップバッターたる牡羊座は、もともと真っすぐでピュアで一本気なところがあるんですが、今日の新月はその性質が極まってる~。

今までの時代からは想像もできないほどの、理想的で光あふれる「新たな世界」が今、芽生え始めた……それを体感させてくれるエネルギー。

崩れていく古い世界の陰で、新しい世界がついに芽生えました。

1月6日に「光の柱になる」というブログを書きましたが、この新月~次回の満月までの期間は――手前みそながら――それを実践されるといいと思いますよ。

今回の新月のエネルギーは、

どんな環境にあろうとも、周囲から何を期待され、要求されようとも、そういう「外部」の状況とはまったく関係なしに、自分なりの「理想のビジョン」を描き進んでいく人の背中を押してくれます。

いよいよ「意識は現実になる」の流れが本格化して、自分の意識する現実へ(自分の波動、周波数に見合う状態に)猛スピードで進んでいく時代になりました。だから……

①「自分の理想のビジョン」をイメージして

②拡大発展のエネルギーである「愛、喜び、感謝、楽しさ、心地よさ」の周波数でいる。そして……

③閃いたことを迷わず行動に移す。

このスリーステップを反復練習のように続けていくことが大事になんじゃないかな。

ただし、描いているビジョンが間違ってる場合は扉が開かないので、「魂の青写真」に沿った方向に進む必要はあります。

思い描くと苦しくなったり、強いプレッシャーを感じたり、気持ちが重くなる「ビジョン」はエゴが望んでいる希望で、「魂のビジョン」ではありません。

本当の「ビジョン」って、もっと考えると心が軽くなって、柔らかくなって、温かくなって、こころに静かな喜びが広がるようなやつです。無理がないというか、根拠はないけど「そうなって当然」な感覚がある。

ま、そんなわけで光の時代が始まりました。暗いニュースが多くても、世界は確実にいい方に向かってると思いますよ♥

なお、今期も日本人の関心は感染症!金融!がメインです。

感染が一気に広まってもおかしくないし、都市封鎖があっても、地面が揺れてもおかしくない配置なので、日々の生活は、これまでどおり気を引き締めていく方が良さそう。

エンタメ産業は頑張っていて、新しい興業の形やビジネスのスタイルが生まれたり、声をあげる人が増えるかも。

この2週間は漫画家さんのようにお家にひきこもり、自由に何かをクリエイトするには最適ですね。

© 2017‐2020 KAORU.