望ましい展開を選択しなおして未来を変える―金星逆行中

このブログの各記事の上にフェイスブックやTwitterのタグがついているのですが、「いいね!」が反映されないし、SNSに告知してないのに数がカウントされることもあるし、これはいったい何なのかな? 壊れてる? 何かの更新し忘れてる?(笑)

このテンプレートを開発した会社によると、そういう仕様で組んでいるから外せないらしいのだけど、意味がないので外したい。。。外してほしい。

と、いきなり愚痴で始まりましたが、現在(10/6から)金星が蠍座で逆行してます。

9日に金星を守護星とする天秤座で新月があったせいか、金星逆行の影響が強く出ているみたいで、体調を崩している人や鬱っぽい気分の人が多いようですね。

この蠍座・金星逆行期は、過去の悲しみや怒りなど、未消化なまま心の底に眠っているネガティブな記憶と、それに付随する感情が出てきやすいのです。

それが得体のしれない不安や虚無感、体調不良を生み出す可能性があるので、心当たりのある方は意識してみてください。

といっても、その「再浮上した不安」やムンクの『叫び』みたいな恐怖の感情にフォーカスするのではなく、

「あー前にもこういう気持ちになったことあったな。あれは嫌だったわー。ほんと悲しかったわぁ(恐怖だった、腹立った)。……でも、今はもうその時ではない。その時と同じ状況にいるわけではない今は今だ」ってことに気づくのです。

そう、似たような感情が湧いてきたとしても、今はもうその時ではなくてなんですよ。

自分自身もその時の自分ではなく、今の自分なので「あの時はそうだったけど、今回はそうじゃない方の展開を望もう」と、経験したい現実を選択しなおす。

なんとなくネガティブな感情を感じたまま、そっちに流されていくのではなくね。

 

そして、望ましい展開をイメージしなおすことによって、以前と同じガッカリな未来が繰り返される確率は減ります……というか、新たな展開に向かって流れが変わります。

そうやって意識を使って、望ましい展開を選択しなおすと未来が変わっていくのです。

これがいわゆる「引き寄せの法則」。

驚くことに、人間の意識は現実を作ります。

強く意識していればしているほど(繰り返し意識すればするほど)、避けたい現実も形になるので、今のようなネガティブな記憶と感情が再浮上しやすい時は、意識を向ける先を変えて未来を変えていく練習をするチャンス。

といっても、大それたことを望む必要はなく、ちょっとでも今の自分がラクになること、ホッとして心が明るくなることを望んでいくと、無理なく上向きの流れに乗れる感じかな。

意識を向ける先が変わると、習慣が変わり、つきあう人も環境も変わったりするので面白いですよ。

 

「引き寄せの法則」って、もうすっかりメジャーだと思っていましたが、この間セッションにいらした方にこの話をしたら「知らない! そうなんですか!?」とすごく驚かれ&感謝されたので、ちょっと書いてみました。ぜひ、お試しあれ。金星逆行は11/16まで続きます。

写真は保護団体で「問題児」と呼ばれていたうちの猫さん(粗相&噛みつき癖がありました)。

何軒も転々とした子で、うちに来てからも半年以上「荒れ狂う問題児」でしたけど、彼はある時「自分の身に今、起きていることは何も悪くない」と気づいたみたいで(タロットカードでずっと猫の気持ちをリーディングしてました)、

「もっと甘えちゃっても平気かな?」「お外の散歩につきあってほしい~」と、おそらく今までは諦めていた希望を伝えてくるようになり、すっかり今では穏やかな王様。

その「引き寄せ力」を見ていると、人間もこのくらい簡単に「引き寄せ」ちゃっていいんだよな、と感心します。

©2017-2018 KAORU All Rights Reserved.