光の柱になる

元旦の夜「今年はどんな感じで生きていったらいいんだろ?」とぼんやり思いながらエネルギーワークをしていたら、湧いてきたビジョンがあって、私にはそれがとてもしっくりきました。

この年末年始、セッションをしていて、世界の先行きに不安を感じている方が多かったのでシェアしますね。

今年は新しい時代、新しい地球へ移行する過渡期なので、アメリカのイラン攻撃などを筆頭に驚き、不安になる出来事がままあると思います。

そんなときに「わー怖ッ!」「戦争が始まる⁉」と、不安や恐れがモクモク膨らみ、どんどん悪い方向に想像が膨むことは普通です。

怖い!不安!と思うのは人間のごく自然な反応なので、それはそれでいいんですけど、そのままズルズルとネガティブな思考にからめとられてしまうとよろしくない。自分の軸がズレちゃいます。

だから、そんな時は、いったん立ち止まりましょう。

一度、頭の中のネガティブな思考を断ち切って、自分が本当に望んでいることをハートに尋ねるんです、こんなふうに。

「STOP。本当に私はそれ(ネガティブな未来)を望んでいるの?」

「……望んでないよね。じゃあ、私はどういう状態を望んでいる?」

そうして頭ではなくハートに意識を向け続けていると、魂が望む状態が明確になってきます。

「……安心したい。 リラックスできる状態でいたい。 平和。笑っていたい。楽しい気分でいたい……」

この「魂の望むこと」がハートから浮かんでくると、「魂の本音」を発見できた安堵感で人はホッとします。ホッとして気持ちが軽くなったら、それは「エゴの声」ではなく「魂の声」です、おそらく。

そしたら魂が望んでいる状態――この場合は「リラックスする」や「楽しい気分でいる」――を体現するための行動を起こします。

「今、どうしたらリラックスできる? どうしたら楽しくなる?」と問いかけて、湧いてきたアクションをそのまま行動に起こすんです。

例えば「美味しいコーヒーを飲む」「スマホを消して散歩する」「走ってくる」「ひなたぼっこ」「犬と遊ぶ」「好きなアーティストの動画を見る」「大根を千切り」「面白い動画を撮る」「LINEの返事を返そう」など、いろいろありますよね?

それを実際に行動してみて、自分が望んでいた「状態」になれたら、ズレかけていた軸が正しい位置に戻ったってことです。

こうして気持ちがザワザワするたびに、自分の「望むこと、望む状態」を心に問いかけて”ナビの目的地”を設定しなおしていると、そう簡単に不安にひきずられなくなります。高い周波数でエネルギーが安定するようになるんです。

闇ではなく、光でいられるようになるっていうか。

そんな感じで、天(宇宙)と地(地球)を結ぶ「光の柱」状態の人が増えれば増えるほど、地球の移行はスムーズにソフトランディングで進むらしいです。

(断定しないのは、これはあくまで私が得たビジョンだから。やってみないことには本当に正しいかどうか分かりませんので 笑)

人は話さなくても、離れていても、お互いに影響しあっているため、天と地とつながって光をキープできる人が一人でもいると、周りの人も照らされて明るく穏やかになっていきます。光は伝染するんです。

何か決断を迫られたときも、ズレた状態ではトンチンカンな答えしか出ませんから、まずは天と地とつながって自分の軸をまっすぐ立てることがとにかく大事。

私の場合はベストな道筋が見えてくるときは必ず軸がしっかりしてます。(だから、ズレてると分かっているときは、あれこれ考えません 笑)

手前みそですけど、たぶん、このやり方、この過渡期を穏やかに乗り切るカギですわ。

恐怖が出てきてズレそうになったら、必ず光の方に目的地を設定しなおす、再確認する。世界で何が起きていようと、どんな状況にいようと、幸福を選択する。今ここにいる自分から幸せになって、なんなら周囲にもおすそわけする。

良かったら、ぜひ皆さんもご一緒に。私はやってみます。

写真は「ズレるって何?幸せなんて基本だろ?」なうちの猫殿。

©2017-2019 KAORU All Rights Reserved.