メッセージはこんな感じでやってくる(3)

またまた続きです。

「急に答えが降りてくる気がしていたけれど、偶然だけでなく尋ねることもできるんですね」という内容のメッセージをいただいたのですが、そうですよ、みなさん!

どうやら「上」の存在は、危険な時とか、真に気づいてほしいことがある時などは強くアクセスしてきますけど基本、見守っているだけ。魂の成長のためには自分で気づいていくことも大事なんですね。

でもね、だいたいメッセージは来ているのですよ。気がつかないだけで。

例えば、どんなに頑張っても頑張っても上手くいかない。行動してもしても、その先に「喜び」や「豊かさ」が来なくて、苦労や苦痛、不和が雪だるま式に増える場合は、「そっちじゃないよ or やり方、間違ってるよ」ってことなんですよね。

だって私たちが向かう先の宇宙の源のエネルギーは「愛や喜び、感謝、豊かさ、自由」なんですもの。

エゴは負けや失敗を認めたくないから、いつまでも苦しみを選び続けがちですけど、つきあわされる体はたまったものではないですよね。

あまりにも上手くいかない場合は、それ自体がメッセージ。そこで強引に進まずに立ち止まり「ねえねえ私、間違ってる?大丈夫かな?」と「上」に尋ねる――「上」の力を借りるにはその謙虚さが大事です。

私、以前ある仕事を辞めたかったのです。依頼された時はうれしかったのに、続けていくうちにだんだんツラくなり……。ちょっと意識高い感じで、偉そうに啓蒙する内容が向いていなかったのか、文体のせいなのか、書いていて心が踊らず、毎回、気力と時間をかなり使いました。また、読者に響いている手ごたえも無く………。しかし、依頼主は面白いと喜んでくださるので、なんとか続けていたのです。

しかし数年が経過して、9割方やる気が消滅。ここで「本当にやめようかな?どう思う?」と「上」尋ねたところ、行く先々で「999」「9999」を目にするようになりました。

999円の商品ポップに、9999ナンバーの車、999円のレシート、近所のお店が999円セールで、店中が「999」。1つだけ空いていた駐輪場の番号が99、道端に落ちていたノートの切れ端に999……。

数字は「上」がメッセージを送ってくるときによく使うツールで、9のゾロ目は大まかにいうと「自分の使命を全うするときがきたよ。さあ、取りかかりたまえ」という意味です。

私も自分のチャートは見尽くしていますし、いずれ自分が占いだけでなく、エネルギーのこと、見えない存在たちのことを書いていくことは分かっていたのですけど、先延ばしにしていたんですね(笑)。

でも、9のゾロ目の大群が追いかけてくるようになったので決心…………する前にもう一度「上」に聞きました。「時間をつくるためにも、エネルギーの消耗を避けるためにも、あの仕事を辞めるけど、金銭面は大丈夫?」と。

すると、家を出て、その日はじめてすれ違った車のナンバーが8888。最初の交差点で前に止まっていた車も8888。(ご近所にヤンキー住民が多いわけではないですよ)

通りがかりのガソリンスタンドの価格表示器は壊れていて、ハイオク、レギュラー、軽油のすべてが「888」円でチカチカ輝いている。しかも2軒も……笑。

8のゾロ目は「経済的な豊かさが保証されている」という意味ですから、めちゃくちゃ分かりやすく「大丈夫!問題ない!」と伝えてくれた「上の人々」の無邪気なコミュニケーションに感謝するとともに、笑ってしまいました。

そして実際、その通りになり、私はその仕事のために使っていた時間とエネルギーを、本当に書きたかったことのために使えるようになりました。

ついでに、それ以降、9のゾロ目の大群を見なくなったのです。近所のお店でも「999円セール」は開催されていません。

と、このように「上の人たち」は尋ねると、あの手この手で答えてくれますから、「もしかしてこれ⁉」と思ったメッセージは、無視しない方がいいです。

© 2017‐2021 KAORU.