自分軸キープのためのエネルギーワーク~ぷるぷる気功再び

先日、広尾でセッションをしたのですが、魚座に木星が入ったせいか「光り輝くHeavenな世界に上がっていきたーい!」と思いながらも、カオスな現実の中でグラグラ、ユラユラ、ハラハラしている人が多いなぁと思いました。

イメージで言うと、根っこが切れかかって波に翻弄される海藻ぽくなっている感じ。自分軸がズレているのだと思います。

そういう状態でいくら考えても正解が見つからないので、まずは軸を正すことが先決。

そこで、最近はセッションの際に、その人に「今、必要」と思われるエネルギーワークを一緒にやって、エネルギーを整えちゃいます。そうして整うと、皆さん自分で「ああ、分かった。これだ。これでいいんですよね?」と正解を見つけて納得するから面白い。

自分軸がしっかりしていて、自分の「上」とつながっていると、瞬時にベストチョイスが分かるので、あまり悩んだり、葛藤しなくなります。すごいラクです。

でね、自分軸であるためには、エネルギー的に言うと以下の2つがマスト。

①グランディング ②センタリング

①グランディングは「地に足をつける/地に足がついた状態」のことで、地球の中心に自分のエネルギーコードがつながっている状態です。これはエネルギーワークの基本中の基本ですから、ググッてやってみて。簡単だけど、習慣にすると現実も体調も安定しますよ。

②センタリングは一言でいうと「自分軸でまっすぐに宇宙の源とつながる(ハイヤーセルフとつながる)」ことで、やり方はイメージワークなどいろいろあります。しかし初心者にとって難しいのは「できてるのか、できてないのか、分からないこと」なんですねー。

私が習ってきたエネルギーワークの先生は、全部で4人いらっしゃって、それぞれコースを受講しましたが、私よりずっと長く受講しているクラスメイトでもセンタリングが甘い人は、だんだん「なんちゃってスピリチュアル」方面に傾いて現実から乖離していく……。あれは見ていて危ないなぁと思いました。

そう、そんなわけでセンタリングは、ちゃんと体感を伴ってできるようになることが大事です。

さて、そこで、私が習ってきたワークの中から、超簡単だけど「続けていくと自然にセンタリングできて、自分軸をキープできちゃうエネルギーワーク」をお教えします。

それは『ぷるぷる気功』

ふざけた名前ですが、振動によって心身の乱れを整え、神経や細胞の位置を調整し、宇宙のエネルギーを取り入れて自分を最適な状態に導いていく中国・道家の秘伝の気功なんですって。

故・田中角栄がガンになったときに、気功で治療してもらうべく日本に招聘した気功師の張永祥さんが日本に広め、私はこの方のお弟子さん達から教わりました。

過去には金運が上がる、彼女ができる……とか、やや怪しげな願望実現目的で取り上げられがちな気功でしたが、このワーク自体は非常に完成されていて、すっごく良いです。

毎日、5分~10分でも続けていくとね、「重心が右に傾いている」「体がねじれている」「肩が上がってる」「上下で体が切れている感じがする」「気が上に上がっている」など、自分の状態を自覚できるようになります。

そして、重心を正したり、ねじれを直したりしながら振動し続けると、ピタッと軸がまっすぐになる瞬間がやってくる。そして、上から降り注いでいる光のシャワーが、ザーッと自分の中を流れていくのが分かる時が来るのです!あの感覚は本当に至福。

この感覚を1回でもつかむと、軸がズレたときにすぐわかるから、自分で直せるようになります。そして、どういうときにズレるかも分かってくるから、意識や行動を修正できるわけ。素敵じゃない?

YouTubeに張先生ご本人が実演していらっしゃる動画があったので、貼っておきます。こちらです。

ちなみに、最初に「北斗七星の方を向く」とおっしゃっていますが、それは「宇宙の源(中心)を意識する」という意味なので、方角はそこまで気にしなくていいと思う。

一方、最後に頭や顔、体をなでたり触っているのは「収功」と言って、オープンになっている体の気穴を閉じる儀式なのでマストです。省かないこと。

昨日、一緒にこのワークをしたクライアントさんが「ランニングハイのように完全に無になれて気持ちいい」と仰っていましたが、これは「動く瞑想」でもあります。瞑想が苦手な人にもおすすめです。

© 2017‐2021 KAORU.