波動が上がった感覚を覚えに行くーおすすめ神社

こちらの記事でお話ししたように、今というか、これから3~4年は

「波動を上げて軽くなる」ことが本当に大事です。

かといって、波動を上げるために無理やり頑張る、脇目もふらずに努力するのは逆効果なので、きら~くに、ララララーン♪ ほほほほーん♪ あははははーん♪ と、踊りながら生きる感じの方が良いんですの。

ま、そうは言っても「この世の中で、なかなかそんなお気楽モードになれませんよ」と思う人も多いでしょう。

そういう方にお勧めしたいのは、日常を脱して「そもそも気が良い、流れているエネルギーが高い」ところに身を置くこと。

私たちの普段の状態って、マインド(頭)が煙とか、雨雲に取り巻かれたような状態なんですね。

その煙や雲の中には、たっくさんのネガティブなエネルギーが入っていて、全然、先が見えないし、重苦しい。

しかし、高い山の山頂とか、ご神気に満ちた神聖な神社さんとか、ウミガメが産卵に来るような綺麗な浜辺、行者が修行していたような滝などに行くと、空気が違うじゃない?スコーンと気が抜けていて、俗世に漂っていた煙や雲は感じられないでしょう?

そういうところは街とは波動が違い、漂っているエネルギーがクリアで軽いため、自分のハイヤーセルフやガイドとつながりやすくなるんです。

だから、気の良い神社さんに参拝すると、ずーっと迷っていたことの答えがスパンと出たりします。

これは周囲のモヤモヤがないために、自分にとってのベストアンサーが明確に見えるということ。

例えば、他人軸な状態になっていた場合も「自分がズレている」ことにパッと気づけるため、勘の良い人なら、ただちに「軸を戻すこと=迷走状態から最善な状態に自分の意識を戻すこと」ができるでしょう。

だから、なんか最近、迷走してるな……と思ったら、神社の杜が豊かに生き生きしていて、地域の人々から大切にされていて、美しさや温かさや澄んだ空気が感じられる神社に参拝するといいと思います。

もちろん、海辺とかもいいのだけど、場所にもよるし、時期にもよるので、私は神社が鉄板!と思います。

そして、しばらくそこに滞在して、その場に流れているエネルギーの感じや、場の心地よさ、軽さ、大丈夫な感じを、自分の意識が透き通る感覚を体で覚えるのね。

覚えるのは、頭でじゃなくて、体で、です。体感が大事。

で、家に帰ってからも、その感覚を繰り返し繰り返し思い出し、その体感でいられるように「意識を向けること」「考えること」「行動」を変えていくの。

すると、自分軸をキープして、波動を上げたまま、軽やかでいられるようになります。

本当は瞑想やエネルギーワークを続けていくと、どこにいても「その感覚」になれるようになっていく、つまり自分の内側に意識を向けるだけで波動を上げることができるようになっていくのだけど、「その感覚」自体が「???」な場合は、それが味わえる場所に足を運んで、覚えてくるのが早い!

ということで、私の大好きな箱根神社&駒ケ岳&芦ノ湖&九頭龍神社こちらでご紹介させていただきました。

どういう場所なのかを、なるべく丁寧にご説明してみましたよ。
ぜひ、ご覧ください。真冬以外はいつでもおすすめのご神域です。

© 2017‐2022 KAORU.