内なる自己(ハイヤーセルフ)とつながって答えをもらう法①

昨日、タロットリーディングでハイヤーセルフから「今の自分に必要なメッセージ」をもらう話を書きましたが、私がよくブログで「魂」とか「上の人」「高次の存在」と書いている『ハイヤーセルフ』は、誰にでも必ずついています。

「守護霊」などと言ったりもするのかな?

ものすごくザックリいうと、私たちは森羅万象が含まれるこの宇宙の中で暮らしていて、この宇宙を動かしている大元の存在、つまりは「創造主」と言われる存在、すなわち「宇宙の法則(これは普遍的)」があるんですよ。

あれ? 創造主って人物じゃないの? 「法則なの?」と思った方、そこの説明はややこしいので後ほど、参考図書をご紹介します。

ひとまず「この宇宙は全て法則にのっとって動いている。その法則は普遍」ということだけ覚えておいてください。

で、ハイヤーセルフは完全に「宇宙の法則」と同調していつつ、私たちを守り、導いている存在なんですね。

何のために一緒にいてくれるかというと、私たちを魂的に成長させるためです。

「創造主」とも言われる宇宙の根本のエネルギーって「愛」、すなわち「感謝」のエネルギーと一緒なんですが、なかなか人間が普通に生きていて、愛と感謝だけで1日終わるってないでしょう?

人間には「自我=エゴ」があるので、イライラもするし、妬んだり拗ねたりするし。

24時間、365日、常に愛と感謝の気持ちだけでいられたら、あなたはもはやお釈迦様……。

しかし、最終的にエゴを薄くして、どんどん軽くなって次元を上げ、愛のエネルギーを大きくして、宇宙の大元に帰っていくのが「この世に生まれてきた人間が参加しているゲーム」なので、ハイヤーセルフは我々が無事にそのゲームを楽しめるようについていてくれるわけです。

この「なんかよく分からないけど、困ると必ず助けてくれて、守ってくれている何かがいるぞ」という感覚が、私は子供の頃からありました。

判断で迷ったときにも「どう思います?」と尋ねると、直感とか、人の言葉(会話、メディア、おみくじ等)、ビジョンなどで答えを返してくれることも多く、

私はわりといつも「何かあったら上の人(と、ハイヤーセルフを呼んでいました)に尋ねちゃう派」でした。(母の弾圧が厳しくて、完全に直感が途切れてしまった中学~大学時代をのぞく)

しかし、ハイヤーセルフからのお答えはいつも常に来るわけではないのです。

……いや、向こうは答えているんだけど、自分の受信アンテナが立ってないと、受け取れないんです。

あと、キャッチする受信体が澄んでいないと勘違いもあります。

私も自分の頭(エゴ)が考え出したことを「ハイヤーセルフからだ♪」と誤解したり、他の良からぬエネルギー体の「成りすましメッセージ」を鵜呑みにしたこともありました。(オレオレ詐欺の電話みたいな感じ)

それで、スピリチュアル探訪連載をやらせていただいたり、神社・パワースポット紹介の記事をしこたま書かせていただいていた10数年前から、自分のエネルギーをハイヤーセルフと連絡とれる状態にしておかないとヤバいな、と思うようになり、

8年ぐらい前からエネルギー(気)について学びつつ、宇宙法則のことも世界各地のスピリチュアルマスターの著書を読んだり、会いに行ったりしながら学んできました。

この話は続きますが、ひとまず本日のおすすめ本を上げておきますね。

「宇宙法則」やこの世の成り立ちについて根本から知りたい方に、お勧めの著者と著作です。

◆エックハルト・トール

「この世には”今”しかない(過去はその時の”今”で、未来も”今”の積み重ねの先にあるもので、その時になったら”今”だから」という発見をされた方。宇宙の大元のエネルギー「愛」と同調するためには、完全に「今」に居る必要があると説いてます。個人的に私が最も共感するマスター。著作はいろいろありますが、以下の2点当たりが入りやすいかと。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わるー

世界で一番古くて大切なスピリチュアルな教え

◆雲 黒斎

広告マンだった著者が鬱になり、記憶障害になり、守護霊(ハイヤーセルフ?)と会って、この世のカラクリを聞いたら、人生どんどん楽になっちゃったよ~という実話。表現の世界にいた方らしく、分かりやすい表現で面白く解説してくれているので、笑いながらあっという間に読めます。こういう「見えない世界」に興味がない人でも、楽しく読める。

あの世に聞いた、この世の仕組み

©2017 KAORU All Rights Reserved.

“内なる自己(ハイヤーセルフ)とつながって答えをもらう法①” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。