キャラを選ぶ。星座を着替える

この間、乙女座の人と打ち合わせをしていて、とても笑いました。

乙女座の人は繊細で、とても細かいところに気がつくからこそ、他人や物事のアラが気になる傾向があります。

しかし、厳しい観察眼が自分に向かうと、それは自虐的なユーモアと向上心に変わり、芸人的な話の面白さと、レベルの高い仕事を生むんですね。

先日は打ち合わせの間じゅう、その人のバラエティ豊かな自虐ネタと機転のきく仕事ぶりに「ザ・乙女座だわ〜」と感心しつつ、乙女座話で盛り上がりました。

乙女座の残念ポイントを羅列してるけど、ほんとは「乙女座の自分」が大好きだよねぇ、なんて微笑ましく思ったりもして(笑)。

ま、そんなわけで、自分の星座が好きで「この星座、このキャラでよかったわ」と思っている場合はいいのですが、

反対に「他の星座なら良かった。自分の性格やクセが嫌い!」と苦々しく思うなら、それは簡単に変えることができます。超簡単。着替えるだけです。

私たちが「自分の星座」と呼ぶ「生まれた時に太陽が入っていた星座」は、我々が生まれる前に自分で決めてきた「キャラ」「アバター」みたいなもので、嫌ならそれに縛られなくてOK。

「今回はワンピース姿のキャラで行こう」と生まれてきたけど、「あーやっぱり、もっとカジュアルがよかったわ」と思ったら、黙ってチェンジすればOK。

しばらく、スカジャンにジーンズとかで過ごして、またワンピースに戻ってもいいし、ワンピにスカジャンを合わせてもいい。律儀にずーっと生まれ星座に縛られなくてもいいんです。

そもそも、私たちは「生まれ星座」に当たる「生まれた時に太陽がいた星座」だけでなく、月、水星、金星、火星、木星……と、合計10天体の「星座」傾向も持っています。

天体の配置も考慮に入れると、かなり幅広くいろんな星座の要素をかねそなえているわけです。さらに年代によっても強く影響を受ける星座は変わります。

つまり、かなりいろんなキャラ、要素が自分の中にあるのです。

例えば私の場合、仕事の時は山羊座をメインに使っているため、すごく現実的で実績にこだわるところがあり、連載などは1度始めると、なぜか長ーく続く傾向があります。

しかし、同時に天秤座や水瓶座、魚座、獅子座などの傾向も強く、健康管理に関しては、人から見たら謎な規則やルーティーンを各種、設けている乙女座。

その時々に応じてメインで使う星座が異なりますし、普段から各星座の要素をブレンドして使っています。また、年代的には現在「天秤座」。

だから、星座あるある話で盛り上がりながら、同時に「そんなの気にしなくていいさ〜」と思っていたともいう……(笑)。

人はアイデンティティを明確にしたがる生き物なので、星座とか、肩書きとか、国籍とか、ファッションのスタイルにこだわるところがありますけど、魂のレベルで見ると、そういう「自分を定義する型」はすべてゲームのキャラ設定と同じ。

ゲーム上の単なるコスプレです。

だから、洋服を着替えるみたいに「今日は◯◯座っぽく行ってみよう」「今日は△△座を混ぜてみよう」と、日々、好きなテイストで行けばいいんですよ。その日の気分と用途に合わせて。

自分のバースチャート(ホロスコープ)を持っている人は、状況に応じてそれぞれの天体の星座になりきってみると、次第にその要素を使いこなせるようになり、カラフルで自由自在な「新しい自分」が開花しますよ。

また、木星が入っている星座のテイストは「今年、誰でも似合うアイテム」なので、木星が射手座にいる今は、射手座っぽく「できる!」とポジティブシンキングで、好きなことを手当たり次第(結果を気にせずに)やってみると面白いと思う。新しい境地が開けるかも。

服のコーディネートと一緒ですから、気楽に試してみてくださいね!


☆自分でバースチャートを出したい方にはこちらが便利。

http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php

☆自分の多彩さを解説して欲しい方にはこちらの「Hello Myself」をどうぞ。http://kaoru-with-the-flow.com/session

©2017-2019 KAORU All Rights Reserved.