流れに乗れる意識の持ち方①

STAY HOME生活も1カ月以上たち(実質3月下旬からでした)、最近、自分の献立力が上がったことに感動しています。

ある食材をテトリスのように組み合わせて、3食とも美味しいものでテーブルを埋めるって私には難しいのですけど、買い物に行く回数を減らした分、脳が頑張っているようで(笑)。

「今日もあるもので絶対に美味しいものを食べる」と決めてキッチンに入ると、ゲームのようで楽しい。あの「伝説の家政婦さん」もこういう気分で訪問先の冷蔵庫を開けているのかな〜なんて勝手に共感してます。

それはそうと、占いの記事にはたびたび書いてきた通り、地球のエネルギーが変わって、これからは自分が考えていることの具現化するスピードがとても速くなります。

思考は具現化する――聞いたことがあると思いますが、正しくは「一番強く意識していることが具現化する」。それは本当なんです。

特に今年は「固体化・具現化」のエネルギーを持つ土星を守護星に持つ山羊座に、「拡大・発展」の木星が入っていて、7/2~12/16まで土星が山羊座に戻りますからね。

山羊座には冥王星もいますし、具現化のパワーが飛び抜けて高いのです。

私たちが一番強く思っていること、意識していることが「ドーン!」と現実になって現れ、速効で形になっていくときです。

ここで不安や恐怖に満ちた現実を体験する人もいれば、奇跡のような至福や、心から満ち足りたハッピーな状態を体験する人もいて、ちょっと二極化するかもしれません。

別の言い方をすると、土星が山羊座に戻る 7/2~12/16 の期間は『自分の王国建国』の時なんですね。

自分の魂が納得する、自分らしい生き方で歩きだし、1歩ずつ(人によっては数倍速で)自分にとって望ましい世界を築いていく段階。

今までは、そういう「自分らしい生き方」をしようとしても、さまざまな制約があってしにくい世界だったのですが、その「檻」や「足かせ」がこれから消えていくため、誰でも望みさえすれば「私の魂、大満足❤」な生き方が可能になります。望めば、ね。

さて、ここで大事になるのが「意識の持ち方」です。

おそらく、人間の普通な反応として――決して満足していたわけではないけれど――馴染んでいた世界が壊れていくことに、まずは恐怖感を感じると思うのですよ。そして、次々明らかになるさまざまな情報に憤ったり、茫然としたりすると思うのね。

そして、悲観的なことを考え続けていれば………現実もどんどん悲しいものになっていくでしょう。「怖いね、怖いね」と言い続けていたら……それは「超怖い経験をする」という現実版RPGを選んでいるのと同じです。

だから、もし不安な気持ちや「暗い未来」のイメージが湧いてきたら、速やかに「ちょっと待って。あなた本当にそれを望んでるの?」と自分に突っ込みましょう(笑)。

数秒間、心がシーン………とした後で「いや、望んでない」と、我に返るはず。そう、望んでないはずなんです。

悲劇的なドラマや映画やマンガはフィクションだから楽しいのであって、リアルで経験したい? まれにいる「ドラマティックなドラマを体験してから、極限状態の中で悟りたい」という魂プランの方以外は、ナチュラルに幸せな状態を欲すると思います。

さあ、こうして自分が「望んでいないことをせっせと考えていた」ことに気づいたら、次の質問を自分に繰り出します。

「じゃあ、あなたはどういう状態になりたいの?」と。

あらら、長くなりましたね。続きは次回に。

© 2017‐2020 KAORU.