経済システムの移行スタート?『風の時代』の意識の使い方

お久しぶりです。

10月は普段の3倍ぐらい働いて、めちゃくちゃ多忙だったので、まだ月末だなんて信じられません(笑)。やっぱり時間は伸びたり、縮んだりしますね~。

さて、今晩は牡牛座の満月。

今日の満月は、牡牛座の天王星とぴったり重なり、すなわち牡牛座の満月&天王星コンビが蠍座の太陽と向かい合う構図です。

今回の満月のメッセージは単純明快。「さあ、これから『地の時代』の経済システムから『風の時代』の経済システムへ移行しますよ」というアナウンスですね。

この『地の時代』から『風の時代』にシフトする話は、来週後半あたりで書くつもりでいますが――星をよむ限り――これから10年以上かけて金融経済の仕組みや「稼ぎ方」がガラリと変わっていきます。

最終的には、風の星座の真打・水瓶座に象徴される「公平・平等なnot縦社会(横のつながりが大事な社会)」になり、いずれは「一人勝ち」や「勝ち組・負け組」という表現自体が消えていくでしょう。

しかし、そうなるためには、ごく一部の勝ち組と大多数の負け組に分かれてしまう『地の時代の経済システム』を終える必要があるわけで、その「取り壊し」がはじまると、おそらく世の中は混乱します。

来年はたぶん、意識を『風の時代』仕様にアップデートして落ち着いている人と、『地の時代』マインドのまま混乱している人がいて、ちょっとドタバタかもね。

そんなわけで寛大なる宇宙は、ちゃんと節目、節目に「スムーズに新時代へ移行する方法」を教えてくれるのですよ~。

今回10/31の満月は、重要なメッセージが2つ届いています。

一つ目は……

虫歯を削り取るように、古い世界の常識や仕組み、価値観を捨てるときが来たよ。

衝撃があったり、ちょっと痛かったりするかもしれないけど、限界をむかえた虫歯を放置する方が危険だから削りますよ、というアナウンス。

二つ目は……

この「痛い歯科治療」の影響をスルーして、スムーズに『風の時代』にシフトする方法。

それは、意識を不安や恐怖ではなく、『風の時代』が指し示すような「誰もが豊かでハッピーな世界」にTune inしてキープするだけ。

綺麗に飾られたクリスマスツリーの周りにプレゼントの山があり、テーブルにはクリスマスディナーがズラリ。暖炉は暖かく燃えていて、みんな笑っている……そんな満ち足りた未来のイメージを描いて信じていると、自然にそっち行きの流れに乗るからね――ってことらしい(笑)。

今までは現実に意識が縛られていましたが、『風の時代』は真逆なんです。

これからは「意識が現実をつくる時代」。

その流れはすでに始まっていて、この満月以降はそれが強くなるみたい。

だから、練習だと思って、意識を「望ましい未来イメージ」に合わ続けることを、繰り返し繰り返しやることをおすすめします――もちろん、私も日々やってます!

地味だけど、今のうちにこの意識の使い方を身につけておくと、これから先の「波乗り」がラクになると思うのです。では、よい週末を!

© 2017‐2020 KAORU.