あふれる豊かさで、自分も世界も満たされる

お久しぶりです。お元気ですか? 今日は夜の21時前に牡牛座で新月です。

前回の満月が「過去を終わらせて、高速で未来へ流れていく」エネルギーだったせいか、そんな時期に仕事の繁忙期と引っ越しが重なっているためか、この半月間は疲れるし、眠いし、忙しいしで、私はけっこうしんどかったです。

ゲーテ・ビズ・サロンのコラムに「エゴの話、書きます」と書いたのに、ぜんぜんそこまで行けず。

それはおいおい書きますので、気長におつきあいくださいませね。

 

さて、そんな感じで、一気にエネルギーと現実の大掃除が進んだ2週間が過ぎ(春の嵐もありましたね)、今日は穏やかで清々しい陽気でしたね。

本日の牡牛座の新月にふさわしいムード。この新月は、あふれる豊かなエネルギーを送ってきます。

自分がすでに「持っている」ことに気づいて、それを社会の中にも還元していく。(おすそ分けって感じ?)

すると、「豊かさ」の循環が出来るから、自分もみんなもHappyで、自分にとって心地よいスペースが大きく広がる……そんなイメージ。

牡牛座は「所有の星座」でして、モノ、お金、土地、自分の才能・魅力・センスのような「個人的に所有しているもの」への愛着がとても強いし、獲得する力も強いし、「すでに持っているもの」をなかなか手放しません。

でも、そうしていると、いつの間にかエネルギーの循環も途絶えるし、自分のエネルギーも「ゴミ屋敷」みたいになっちゃう。

だから、そこに気づいた「成熟した牡牛座」は「分かち合い」に向かうのです。

例えば、季節の花々が咲き誇る美しいお庭を、コミュニティの人たちや観光客に公開してあげる「オープンガーデン」などがそう。(この時期、各地域でやってますでしょ?)

何らかの能力を持つ自分自身も、すでに手にしている「豊かさ」も、世界で生かしてこそ喜びを生む。(お金も貯めているだけなら、増えませんものね)

そこに気づくと、牡牛座が生来そなえている「豊かさ」は盤石なものになります。

 

本日の牡牛座の新月は、この豊かに生きる法則を体得した「成熟した牡牛座」のエネルギーに近いです。

自分がいままで生きてきた中で積み重ねてきた経験、その過去も含めて、私たちはたくさんの「生かせる才能」をすでに持っています。

それを世界の中で、この社会の中で、どう生かしていけばいいかな? どこで生かせる?

そもそも、私の「使える才能」って何だろう?

自分もみんなにも喜んでもらえる自分の「人生の使命」って何?

そんなことを思ってみると、宇宙が答えをくれると思いますし、

「自分を生かして、自分自身もみんなも豊かにしてあげられる私になります!」と宣言するのもいいと思う。

そして、スペースを意識することも大事。

人間も植物と同じように、伸びやすい場所、開花しやすい環境にいると、成長がスムーズになります。

人目を気にしたり、我慢するクセがある人は、今日から2週間ほど「自分の心地よさコンシャス」になってみるといいんじゃないかな。

数時間後には、7年ぶりに天王星が動き、牡牛座に入ります。これからは自分に十分な物理的精神的スペースをあげて、適した環境にいることが大事かもしれません。

©2017-2018 KAORU All Rights Reserved.