水瓶座の時代はハイヤーセルフと共に

去年くらいから、セッションにいらっしゃる方々の中に、私と同じタイプの人たちが増えてきて、勝手に「仲間だ!」と嬉しくなっています。

対面セッションもSkypeセッションも、最後に自分のハイヤーセルフとつながって、メッセージをもらうワークをやるんですけど「そういうワークは初めてで……」という方も、だいたいは自力でメッセージを受信される。

そして、ハイヤーセルフの愛に包まれ守られる感覚を経験されると、皆さん感動されますね。

ワークが終わると、険しかった表情が柔らいで優しい眼差しになったり、眠そうな表情がシャキッと凛々しくなったりするので面白い。

「本質のこの人はこういう顔なんだな」と思いながら、いつも楽しく観察しています(笑)。

宇宙から降り注ぐエネルギーが「絶賛大増量中」の今は、望みさえすれば誰でも簡単に上(ハイヤーセルフや宇宙の源)とつながっていけるみたい。

新月や満月、春分などの「星の運行上の節目」は特につながりやすい時です。

ハイヤーセルフって魂の親みたいなものなので、どんな時も私たちがハッピーな方向に行けるように導こうとしてるんですよね。ありがたいことに。

こっち(私たち)がそれに気づくか、気づかないかだけで、宇宙からの愛は常に降り注いでいます。

日々、目にする言葉や文章、数字、虹や雲の形、耳にする人の話、歌詞、音楽。

心の中から湧いてくる「小さなつぶやき」や予感。

目覚める直前の鮮明な夢。夢の中で伝えられる明確なメッセージ。

タロットカードや各種カード。

そういういろんなツールを使って、あの手この手でハイヤーセルフは伝えてくれます。

人によってキャッチしやすい回路は違うから「私が受け取りやすい形でよろしくです」とお願いしておくと、オーダー通りに一番わかりやすい形で教えてくれる。

この間、いらっしゃった方が「子供の頃は普通に直感があったんだけど、だんだん信用しなくなり、直感は消えました」と仰っていましたけど、ホントにそう。

ロジックや常識に頼りきって、ああでもないこうでもないと思考を巡らせ、アンテナ感度を錆びつかせているのは、他でもない自分なんですよね。

上の写真のように人の頭の中には、思考のゴミというか残りかすが雨雲のようにいっぱい詰まっています。

でも、どんなに雨雲が厚かろうと、その上には太陽輝く光の世界が広がるように、モヤモヤぐちゃぐちゃなエゴの先には、圧倒的に明るく温かく正解しかない世界があるわけです。(それがハイヤーセルフであり、宇宙の源ですね)

今、世界は大混乱ですけど、エゴ(思考)でなんとかしようとする限り、モヤモヤの雨雲からは抜けられないんじゃないかな――エゴで構築してきた世界が崩れようとしている時だから。

おそらくこの春分辺りで、エゴを満足させるためにシャカリキになる時代は終わりです。

3月22日には土星が水瓶座に移動し、今年の年末には木星も水瓶座に移動。2023年には冥王星も水瓶座に入り、これから「全く新しいシンプルで理想的な社会」を作っていく『水瓶座の時代』に入ります。

この『水瓶座の時代』には地球を取り巻いていた「エゴの雨雲」が一掃されて、宇宙の源の意思みたいなものがダイレクトに流れ込んでくるし、宇宙には仲間がいると分かる出来事も起きるはず。

だから、「愛・喜び・善」そのものである宇宙の源のエネルギーに一致して、直感を頼る方がこれからは絶対ラク。

何より精神衛生上も良いので、私はますますハイヤーセルフに感謝しつつ頼っていこうと思ってます。

© 2017‐2020 KAORU.