今ここに生きて禅の道を行く――蠍座の満月

写真は今晩の月。今日の蠍座の満月のエナジーは強力で、新しい時代の流れにシフトさせていくリセット作用があります。

今晩きっちり満月になった頃から頭がぐわんぐわんして頭痛が起きたので「これは何だろう?」と内観したところ、「満月のコラムをかかねばならない」という義務感が、満月のエナジーと合っていなくて重たい……と、分かりました(笑)。

さっそくエネルギーワークをして義務感を手放したら消えましたが、今日明日は不調を感じる人が多いかもしれません。自分に優しくしましょう。

さて、蠍座は「死と再生の星・冥王星」を守護星に持つ星座です。

蠍座の人は人生のあるところでガラッと生き方を変えたり、生まれ変わるような体験をする場合がありますが、そもそも蠍座のエナジーの使い方って、「集中と弛緩」「収縮と拡大」の繰り返し。

尋常でないレベルでガーッと集中して何かをやりとげ、終わった途端にダラーッと緩む。その繰り返しの中で「脱皮しながら」成長していく星座です。

感情のレベルでも「死と再生」を繰り返します。一度持った執着を手放す(手放さざるを得ない状況になる?)ことで、次の段階に進むのですね。

今回の満月は、そんな蠍座の特性が強く出ていて「超有能な鍼灸師」って感じのエナジー。

ものすごく集中して難易度の高い治療をやり遂げ、終わった途端に全部忘れて緩み、お家で犬と遊んだりしながら休む。そしてまた難病の治療をやり遂げ、また緩み……という繰り返しを淡々とこなすことで、いつの間にか「もはや神?聖人?」と言われるレベルに到達しちゃった人みたいなエナジーです。

鍼灸師でも、外科医でも、看護士でも、ガーデナーでも、お母さんでも、何でもそうだと思いますが、本当にすごい人って、淡々と当たり前の顔でレベルの高いことをやりますよね。ある意味、禅の道をゆく生き方

今回の満月では、宇宙がそういう生き方、在り方を祝福し、サポートするエナジーを送ってくれます。

日本のチャートを見ると、大衆から見えない所で頑張っていらっしゃる医療関係者やケアサービスの方々を示す位置に月と太陽があるんですよね。

今、必要とされていることを粛々としてくださっている方々の努力が、実を結んでくるのではないかと思いますし、そういう方たちの姿勢に改めて感謝して敬意を持つ流れかな?

また、他の星の状況を見ると、経済面の具体的な施策、経済戦略の方向転換が何より大事で、それに関してみんなワアワア言っています。

蠍座—牡牛座ラインはお金、所有物など、経済に関わる価値観やパターンをクローズアップしますから、一人ひとりが自分の価値体系や所有に関する考え方を見直すタイミングですね。

この新月から次回の満月までの2週間は……

1日1日、毎瞬毎瞬、目の前のことに集中して、日常の美しさや豊かさに気づき、愛おしむ。富や愛情を独占しないで循環させる……そんなスタンスでいると、宇宙の流れに沿う意識のシフトが起きやすいかもしれません。

© 2017‐2020 KAORU.