リニューアルと女性の変容ー獅子座の満月

今日の満月、すごくきれいじゃないですか?

週の前半の重い空気が一掃されるような明るい満月ですね。

今日の獅子座の満月のテーマは「リニューアル」。

支配構造の中で生きる道しかなかった「地の時代」は、一人一人の個性や喜びが無視されるというか、当然のように抑圧される時代でした。

だけど「風の時代」は自分の本質に一致して、一人ひとりが多様な個性を発揮してこそ、みんなで豊かになれるし、ハッピーになれる世界。

逆に言えば、多様性を認めず、個性や個人の自由を尊重しない「地の時代」のままの社会は、これから経済もダメになるし、没落していきます。

そして今月は「地の時代」の古いやり方が機能せず、個人も社会も根本的に変わらないといけない――と、みんなが感じるときだったのですね。

だから、多かれ少なかれ、みんな痛みや苦しさ、不安を感じていたと思います。あと、怒りかな。

その不快な感情を感じながら現実を冷静に眺め、改善点を探り、変わる決心をする――という長い「内省」のトンネルを潜り抜けて、ようやく太陽がきらめく海辺に出た……というのが今、この満月。

だから、自分の現実や社会の状態を客観的に眺め、内省を続けてきた人は、開放感や自分が生まれ変わった感覚があると思います。(これから次回の新月までの間に感じる場合もあり)

なんかね、

自分は自分のままでいいんだ。

ハートの喜びを優先していいんだ!

望む人生を自由に作っていっていいんだ!

と、深い自己肯定感と生命力が湧いてくる感じ。

誰かのため、何かのために生きていた人生が、自分に「戻ってくる」感じがあると思いますよ。再生、復活、生まれ変わるとき。

自分の人生の主導権を、すべて自分の手に取り戻しましょう。

そして、日本に関して言えば、今回の満月チャートに「(日本の)女性が変わる、変容する」と出ています。

従属的に生きていた、そう生きることを余儀なくされていた女性たちが、自分のパワー(女神性)を自分に取り戻すようになるみたい。特に若い女性を中心に。

特別なことをする必要はないけれど「それは違う。自分的にはNOだ」と思うことに「YES」と答えない。NOならNOと言い、「私はこうかんじている。こうするのがいいと思う、私はこうしたい。私はこうします」と、ちゃんと自分の意見を主張することが大事みたいですね。そして「それはダメだろうな」と思いながらついていかない。

獅子座の満月なので、主体性が大事です。

では、よい週末を!

© 2017‐2021 KAORU.