目に見えないサポートに感謝して前へ! 魚座の新月

8/26は魚座の満月。このところ新月・満月のたびに「すごいんですー」と言い続けてますが、この満月もスゴイよ(笑)。

今回は満月の真向かいにある乙女座・太陽と、山羊座・土星、牡牛座・天王星の「地の星座三人衆」がグランドトラインと呼ばれる幸運の大三角形を描いていて、それを下から支えているのが魚座の満月。

実務家肌の乙女座・太陽が「変えるべきところは変えながら着実に現実を動かして行こう」と指揮をとり、それに力強く山羊座・土星と牡牛座・天王星が従っています。

とても現実的で、地に足がついていて、力強い、大木が育っていく時のような流れです。

で、そこに絶えまなく「養分」を注いでいるのが、魚座の満月。

樹木が育つ時には土壌から栄養をもらいますよね? その土壌の役割を魚座の満月が果たしています。

別の言い方をすると、自分の家庭や暮らしている土地、家庭や地域の中にある気配やムード、今までの自分のあらゆる経験(歴史)……そうした目には見えないけれど、確実に個人に影響を及ぼす「基盤(ベース)から注がれるエネルギー」をすべてありがたく「養分」として吸収することで、現実を大きく動かしていける時なんです。

しかも、日本のチャートでは魚座の本拠地である「目には見えないもの・隠されていること・潜在意識」を示すエリアが強調されていて、

そうした「目には見えない恩恵」や「家系的な特徴やパターン」、「目を背けてきた過去の何か」などに自然と気づけそうな星の配置。

あらゆる「自分を形成してきた過去」に感謝して「養分」に変えていける時なんですよ。今回の満月は。

引き寄せの法則でも必ず言われますが、「感謝」は流れに乗る秘訣。そういう意味でも8/26の魚座の満月は意味深いターニングポイントと言えるでしょう。

なお、この週末は、地元のお祭りやアットホームな場所に行ってみたり、家族や身近な人たちと公園や水辺、温泉で遊ぶと、週明けから調子が良くなると思います。

キーワードは「ほっこり」と「きれいな水」、「水に流す」。

今週末の私は「花火大会をチラ見して温泉」「定例の勉強会」と予定が決まっていますが、今日は昼間、菜園で作業中の方から採れたて野菜を買ったり、同じマンションの方が「カギを忘れてオートロックに締め出されました。開けてください」とインターホンで連絡してきて「やっちゃいました? 私もこの間やりました」と笑ったり、すでにとっても地元感あふれる感じ(笑)。

このエリアの健やかなほのぼの感が私のマインドと労働意欲にプラスな影響を与えてくれているのを再確認して、ここに導いてくれた目には見えない存在にますます感謝いたしました。

皆さん、よい週末を♪

©2017-2018 KAORU All Rights Reserved.