あけましておめでとうございます。<つながる伊勢>

あけましておめでとうございます。

今日から仕事始めの方も多いですよね(元旦からよ!って方々すみません)。

私も本日からお仕事スタートです。

2019年の年明けは大晦日から伊勢神宮に行き、祖父母の家に帰って来たような安寧感の中で過ごしました。

王道中の王道ですが、私は本当に伊勢の神宮が好き。

あれだけ人が訪れても、薄れない清々しさとpeacefulな空気、そして自然と感謝の気持ちが湧き上がる環境はすごいと思う。

1年半ぶりでしたが、今回は強く伊勢に呼ばれていたようで、最初にお礼参りに伺おうとしていた出雲は、airを予約しようとすると必ずエラーに。

おや? 出雲じゃない? じゃあ、伊勢かな……と、伊勢のホテルをPCから予約したら、充電中だったスマホが突然、陽気な歌を歌いだすポルターガイスト現象が(笑)。

実際は閉じてなかったTwitterの動画が充電完了と共に再生されただけでしたが、あまりにもタイミングがぴったりで、これは誰か(ハイヤーセルフか?)が「グッジョブ!それでよし!」と言っているなと思いました。

神宮は予想通り、大混雑。

しかし、参拝の際になぜか警護のご神職から「前へどうぞ」と誘導されて、ご正宮の真ん前で拝ませていただいたり、レンタカーを借りて別宮に向かえば「777」「77」「7777」「33」「33」「3333」と、私のラッキーナンバーのゾロ目の車が次々と周囲に。

お買い物のレシートの番号も「777」、渡されたカギも「77」で、これは元旦の伊勢エリアにラッキーセブン好きが多いだけではなく、上(ハイヤーセルフ)からのメッセージだなと分かりました。

(77,777、7777などの7のゾロ目は「正しい選択をした。正しい道を進んでいる。聖なる叡智に耳を傾けている」という意味があります)

今回、伊勢に呼ばれた理由は、おそらく上(ハイヤーセルフ)とのつながりを確認するためで、どういう意識の状態で進んでいけばいいかを、体感付きで教えていただいた気がします。

やはり伊勢は聖地だし、私にとっては(他の聖地以上に)すごく居心地が良いところなので、いるだけで自然とチューニングされますし、「答え」も得やすくなります。

31日の夜は「上」に尋ねたいことがいろいろあって、紅白もそこそこに「ハイヤーセルフにおたずねセッション」を一人でやりましたが、やはりすごくつながりやすく、答えも分かりやすかったです。

(しかし、疑り深い私はその「答え」が自分の頭脳(エゴ)の自作自演かもしれないと思う疑念を捨てきれず……。すると翌日7のゾロ目の嵐がやってきたのです)

お答えと、旅行中に気づいたことは全部書き留めたので、今年はそのメモをたびたび引っ張り出しながら進んでいこうと思います。

皆さまにとっても、安らかでHappyな1年になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

©2017-2019 KAORU All Rights Reserved.