宇宙の秩序を受け入れると才能が花開く―牡牛座の新月

今晩は牡牛座の新月です。

今日は牡牛座の月と太陽と天王星が、ほぼ三つ巴で重なるんです。

この新月は「地球全体での稼ぎ方の変化、経済活動の変化を告げる鐘」って感じかな。

そもそも牡牛座は、物質を司る「土のエレメンツ」の第一番目で、お金や所有、経済活動と縁が深い星座です。

牡牛座は受け継いだ土地や資産、持って生まれた資質や才能を生かして豊かさを生み出す才能に恵まれていることが多く、五感も発達しています。

だから、不動産業や農業、地球資源に関する産業(石油や電力)、地場産業、ラグジュアリー産業に就く人や音楽家、スポーツ選手なども多いです。

今回の新月は、この牡牛座で天王星と肩を組み、水瓶座の土星と厳しい形を作るため、これから地球の経済活動がガラリと変わり、以前のような世界には戻らないことが、これから可視化されていくのではないかと思います。

長い目で見ると、この変化は全く悪くなくて、むしろ「理想郷への第一歩」なんだけど、牡牛座に関連する業界はこれから変革を余儀なくされるでしょうから、喜べるかどうかは人によりますね。

ただ、今日の新月チャートをじっくり見てみて、確実に言えるのは

「もう地球を汚すような、痛めつけるような経済活動は発展しないだろう」ということ。

牡牛座は「生まれながらに与えられている豊かさ」を示し、そこには「地球」も含まれます。

地球は文字通りMother Earthですから、地球が痛み、ダメになれば、地上で生きている我々もダメになる。今は人類が地球とのつきあい方を変えるときでもあるのです。

宇宙に生命体が生きている星は地球しかないと思うと、好きにしていいという傲慢な発想が生まれるのかもしれないけど、実は宇宙には宇宙の法というか秩序があって、今回の新月はその「宇宙の法則」が地球全体に及ぶ節目。

(今までも「宇宙の法則」は地球に及んでいましたが、権力やお金のパワーでそれをねじ伏せる「地球独自のシステム」も働いていたのでね――後者はご存知のとおり今、崩壊中です)

これからは宇宙の源のエネルギーと一致した「愛・喜び」をベースとする活動が発展していくと思います。反対に「恐怖」ベースの活動は縮小化していくでしょう。

ちなみに「貪る」は、不足に対する恐れから来る行動ですから、貪る系の経済活動は止めておく方がいいと思う。

……と、ドキドキする話も書きましたけど、今回の新月のエネルギーはとても素敵なんですよ。

なにしろ、何でも貪らずにはいられないエゴを手放して、宇宙の秩序を受け入れると、個々人が生まれながらに持っている「黄金の壺(豊かさの元)=才能や資質」が花開くように導いてくれるから。

今が宇宙と調和しながら豊かに生きていく「新たな旅のスタート」なんです。

さて、ここまで読んできてピンときた人は、そろそろあなたの「使命」を実行するタイミングですよ。

宇宙の源との契約があって、『魂の青写真』の中にこの時期に発動する種を埋め込んできた人は、もうGOサインが出ています。

© 2017‐2020 KAORU.